ファイ法律事務所
ファイ法律事務所

弁護士紹介LAWYER INTRODUCTION

Hirohito Ando
弁護士

安藤 広人

Hirohito Ando

弁護士・情報処理安全確保支援士 2004年都内法律事務所にて執務開始以降、継続的に個人情報保護法、セキュリティ事故、プロバイダ責任制限法などITに関連する法律問題に取り組む。
クラウド事業者に出向経験があるほか、複数のスタートアップ企業の支援、新規事業の立ち上げに関与し、リーガルアドバイスを行っている。

経歴

1999年

東京大学法学部卒業

2004年

弁護士登録

2004年

弁護士法人英知法律事務所入所

2015年

第一東京弁護士会総合法律研究所IT法研究部会副部会長

2019年

ファイ法律事務所開設

主な取扱業務(分野)

情報関連法(個人情報(GDPR等海外法令も含む)、知的財産権(知財戦略の構築等)、データ取引、システム・アプリ構築(実装、利用規約の整備等)、クラウド(インフラ系、SaaS)、電気通信(通信の秘密)、電子商取引等)
企業の情報管理(情報のライフサイクルに応じたアドバイス、セキュリティ等)
セキュリティインシデントへの対応
新規事業、ベンチャー企業のスタートアップサポート(エンティティの整備、業法調査、ファイナンス、規程類の整備等)、上場準備サポート

著書・論文等

『データ戦略と法律 攻めのビジネスQ&A』(日経BP 2018年 共著)
『デジタル法務の実務Q&A』(日本加除出版 2018年 共著)
『Q&A個人情報保護法の法律相談』(民事法研究会 2017年 共著)
『デジタル証拠の法律実務Q&A』(日本加除出版 2015年 共著)

セミナー・講師等

「情報セキュリティ事件の近時の動向」(第一東京弁護士会総合法律研究所・日弁連法務研究財団共催 2015年)
「情報管理と法制度」        (デジタル・フォレンジック研究会「法曹実務者」分科会第16期 第2回 2019年)

所属団体・公職等(過去職を含む)

内閣サイバーセキュリティセンター  サイバーセキュリティ関係法令の調査検討等を目的としたSWGにおけるタスクフォース構成員
東京都情報公開審査会・東京都個人情報保護審査会 委員

関連記事

弁護士へのお問い合わせはこちら